損を避ける!防災グッズ買わない理由と対策

スポンサーリンク

本記事はプロモーションを含んでおります。

防災グッズを用意した方が良いと言われても何を購入してよいか分からない。
購入して損をしたくないといった悩みについて今回の記事はお答えします。

本記事では、防災グッズを用意している人の割合や、防災セットが意味ないと感じる理由、さらには防災グッズいらなかったものランキングなど、様々な視点から防災グッズの必要性を再考します。また、防災グッズを用意している人たちの実態や、防災が必要な理由、そして防災グッズリストの作成の重要性についても掘り下げます。

さらに、防災グッズ本当に必要なものをグラフで視覚的に理解しやすくし、防災グッズに関するアンケート結果をもとに、どのようなアイテムが実際に役立つのかを明らかにします。この記事を通じて、防災グッズの購入に関する疑問を解消し、より安全で安心な生活を送るための一歩を踏み出しましょう。

この記事のポイント

  1. 防災グッズを購入しない一般的な心理的ハードルとその克服方法
  2. 防災グッズを用意している人の割合とその背景
  3. 実際に役立つ防災グッズと過去のアンケート結果
  4. 防災グッズリスト作成の重要性と効果的な準備方法
目次
スポンサーリンク

防災グッズを買わない理由とその対策

多くの人々が防災グッズの購入をためらう理由は様々です。料金の問題、保管場所の不足、または単純に必要性を感じないという理由が挙げられます。しかし、実際に災害が起こった際には、これらのグッズが生命を救うこともあります。

ここでは、防災グッズを買わない理由と、それに対する具体的な対策を詳しく見ていきましょう。

防災グッズを用意している人の割合

防災意識の高まりと共に、防災グッズを用意する家庭は増加傾向にあります。国内の調査によると、約40%の家庭が何らかの形で防災グッズを準備していると報告されています。

しかし、これは逆を言えば、60%の家庭が十分な準備をしていないということを意味します。地域による差異も大きく、特に災害経験の少ない地域では準備率が低い傾向にあります。

防災グッズの準備を促進するためには、具体的な災害事例を提示し、それに備えるための具体的なリストや準備方法を提供することが効果的です。また、防災訓練やワークショップを通じて、実際にグッズを使用する体験を提供することも、準備率を高める一つの方法となります。

防災セットは意味がないと感じる人へ

「防災セットは意味がない」と感じる人々は、主に二つの理由からそのように考えます。

一つ目は、災害が自分に起こる確率が低いという認識です。実際に統計を見ると、特定の地域で大規模な災害が頻繁に起こるわけではありませんが、それは逆に言えば、予期せぬタイミングで大きな災害に見舞われる可能性があるということです。

二つ目は、実際に災害が起こった際に、用意していたグッズが役立つかどうかの不確実性です。これに対しては、過去の災害事例を基に、実際に役立ったグッズの情報を提供することが重要です。また、自分の住む地域のリスクを理解し、それに合わせた防災セットを準備することで、その有効性を高めることができます。

例えば、洪水が多い地域では水害対策グッズを、地震が多い地域では建物の倒壊に備えたグッズを重点的に準備するなど、地域に応じた準備が求められます。防災セットの意義を理解し、自分にとって本当に必要なものを見極めることが、無駄なく効果的な準備へとつながります。

防災グッズいらなかったものランキング

防災グッズの中には、実際にはほとんど使われることのないアイテムが存在します。例えば、多くの人が購入する非常用トイレや、数週間分の大量の水、長期保存可能な食料などが、実際の災害時には使用されないことが多いと報告されています。

これらのアイテムは、災害の種類や規模、個人の状況によって必要性が大きく変わるため、一概に不要とは言えませんが、過剰な備蓄は避けるべきです。実際に役立ったという報告が多いのは、携帯ラジオ、懐中電灯、簡易トイレ、非常食、水の備蓄などです。これらの情報を基に、自分の住む地域のリスクや家族構成を考慮しながら、本当に必要なアイテムを選びましょう。

アイテム用途と効果いらなかった理由
コンパス(方位磁石)スマートフォンの位置情報が機能しない時のために用意自宅周辺の道や避難経路がわかるわけではない
テント野外での過ごしを想定して用意避難所へ行けば不要で、大きいものは避難行動の妨げに
毛布寒さ対策として用意重くてかさばるため、アルミシートがおすすめ
ティッシュペーパー汚れや水気拭き取りに便利荷物がかさばるため、水に溶けるタイプがおすすめ
ロープ荷物の移動や自己救助に用意素人が使用するにはハードルが高く、使用機会が少ない
スリッパ災害時の足元保護避難所内での使用に限定し、外では危険物から守れない
電池式のラジオや懐中電灯情報収集や夜間の視界確保電池の腐食や切れに注意し、手回し充電型がおすすめ
インスタントラーメン災害時の食料としてお湯が沸かせない場合があるため、レトルト食品がおすすめ
ヘルメット頭部保護かさばるため、折り畳めるコンパクトなものがおすすめ
ろうそく灯りとして火事の恐れがあるため、ランタンがおすすめ
いらなかったものランキング

防災グッズを用意している人の実態

防災グッズを用意している人々の実態を詳しく見ると、多くの人が基本的なアイテムは揃えているものの、その後の管理が不十分であることがわかります。例えば、購入した非常食の賞味期限が切れていたり、懐中電灯の電池が切れていたりするケースが散見されます。また、家族構成の変化や新たなリスクの出現に伴い、必要なアイテムが変わることもありますが、これに対応した更新を行っていない家庭も多いです。

防災グッズは、購入したその時点で準備完了ではなく、定期的なチェックと更新が必要です。少なくとも年に1回は、全てのアイテムを確認し、必要に応じて新しいものに交換することが推奨されます。また、地震や台風など、季節や地域に特有のリスクに応じて、特定のアイテムを追加することも重要です。このように、防災グッズの管理を適切に行うことで、実際の災害時にそれらが最大限に役立つようにすることができます。

ポイント

  1. 定期的なチェック: 年に一度は防災グッズを確認し、消耗品を更新し、家族構成やリスクに応じて内容を調整する。
  2. 適切な保管: 防災グッズを湿気や日光から守り、アクセスしやすい整理された場所に保管する。
  3. 使用方法の習熟: 全ての家族が防災グッズの使用方法を理解し、習熟しておく。
  4. リストの作成と管理: 防災グッズのリストを作成し、アイテムの追加や更新時にリストも更新する。

防災が必要な理由とは

防災の必要性は、まず最も根本的な理由として、自分自身や家族、そして地域社会の安全と生命を守ることにあります。統計によると、過去10年間で自然災害により世界中で約1.2億人が影響を受け、経済的損失は数兆円に上ります。

これらの災害は予告なく、そして迅速に発生し、その影響は計り知れません。適切な防災対策を行うことで、これらのリスクを軽減し、災害発生時の混乱を最小限に抑え、迅速な復旧を可能にします。また、防災準備は心理的な安心感を提供し、災害発生時のパニックを防ぐ効果もあります。

災害に対する備えは、単に物理的な準備だけでなく、情報の収集や教育、コミュニティとの連携など、多角的なアプローチが求められます。

防災グッズリストの重要性

防災グッズの準備において、リスト作成の重要性は非常に高いです。リストには、必要なアイテムの種類や数量、賞味期限、保管場所などを明記し、災害時に必要なものが一目でわかるようにします。

例えば、水は人が3日間生存するために最低限必要な量として、1人あたり3リットルを目安に備蓄することが推奨されています。また、非常食は最低3日分、家族全員分を準備し、賞味期限が近づいたら更新することが重要です。その他、懐中電灯や予備の電池、簡易トイレ、ラジオ、救急セットなど、災害の種類に応じたアイテムをリストアップします。

リストを作成し、定期的に確認と更新を行うことで、いざという時に慌てずに済み、必要な物資を迅速に確保できます。また、リストは家族全員が把握し、どこに何があるのかを知っておくことで、災害時の混乱を避けることができます。防災グッズリストは、災害に対する備えの中心となるため、その作成と管理には十分な注意を払う必要があります。

ウェザーニュース監修 防災リスト

本当に必要なものをグラフで見る

防災グッズの中で本当に必要なものを明確にするために、グラフを用いることは非常に有効です。

例えば、災害対策専門機関が行った調査によると、災害時に最も役立つとされるアイテムは、水、非常食、懐中電灯、ラジオ、予備の電池、簡易トイレ、毛布、救急セットなどです。これらのアイテムは、地震、洪水、台風など、さまざまな災害に共通して必要とされるものです。グラフには、これらのアイテムの必要性をパーセンテージや優先順位で示し、視覚的に理解しやすくします。

また、地域ごとの災害リスクや家族構成、健康状態などに応じて、必要なアイテムが変わることもグラフで示すことができます。このようにして、自分の状況に最適な防災グッズを選び、準備することができます。

カテゴリ内容備考
飲料水1人あたり3リットル×3日分の保存水をストック定期的な見直しと新品交換が必要
食料調理不要のレトルトご飯や缶詰など人数×3日分避難所でのタンパク質やビタミン類の補給も考慮
衛生用品・生理用品トイレットペーパー、除菌ジェル、マスクなど女性は生理用品、小さな子どもがいる場合はおむつも
医薬品救急セット、常備薬、お薬手帳など個人の体調変化に対応できる医薬品を準備
貴重品現金、身分証明書、印鑑など銀行口座や保険情報のメモも準備
照明器具懐中電灯やランタン予備の電池も準備
情報収集ツール防災ラジオAM/FM放送対応、手回し充電機能付きがおすすめ
季節用品虫除けスプレーや日焼け止め、防寒具など季節に応じて入れ替え
個人的に必要なもの抱っこひも、ミルク、ペット用品など家族の特徴や事情に応じた備え
小物類筆記用具、耳栓、ビニール袋など非常用持ち出し袋からすぐに取り出せるよう整頓
防災グッズ 必要なものリスト

下記に参考になる商品とを載せますので、参考程度にご覧ください。

飲料水


保存水 備蓄水 10年保存水 400ml 1ケース 24本 10年保存可能 あす楽 防災グッズ 非常時 災害時対策 純水 軟水 国産 海洋深層水 送料無料 赤ちゃん ミルク 子供 大人 薬服用 飲料水 備え 非常食 地震 自然災害 長期保存水 5年 7年

災害時、最も基本的で重要な生存資源の一つが水です。地震、洪水、台風などの災害が発生した際、水道が断水することは珍しくありません。そのため、非常時に備えて保存水の準備は必須です。

  1. 断水のリスク: 災害時には水道が断水する可能性があり、清潔で安全な水へのアクセスが困難になる。
  2. 保存水の必要性: 飲料水や衛生的な生活を維持するために、非常時に備えて保存水を準備することが重要。
  3. 安全と安心の確保: 保存水を備えることで、災害時にも冷静に対処でき、健康と安全を守ることができる。

食料


\レビュー特典付き/5年保存 非常食セット 7日分 33種類 54品 非常食 お菓子 防災士監修 カロリー計算済 Aセット 非常食セット7日間

食料は、体力と健康を維持するために不可欠です。保存が効く食糧や非常食は、そんな緊急時において、生命を支えるための重要な役割を果たします。

  1. 食糧確保の困難性: 災害時には食料品店へのアクセスが困難になり、食糧の確保が難しくなる。
  2. 非常食・保存食の重要性: 体力と健康を維持するために、非常食や保存が効く食糧を備えることが重要。
  3. 安全と安心の確保: 食糧を備えることで、災害時にも冷静に対処でき、健康と安全を守ることができる。

乳児用ミルク


明治 ほほえみ らくらくキューブ(27g×20袋入)【明治ほほえみ】

災害時、特に乳幼児がいるご家庭では、乳児用ミルクの確保が非常に重要です。地震、洪水、台風などの自然災害が発生した際、通常の買い物が困難になるだけでなく、母乳育児をしている母親がストレスや体調不良により十分な母乳を供給できなくなる可能性もあります。そのため、非常時に備えて乳児用ミルクを準備しておくことは、乳幼児の健康と生命を守る上で極めて重要です。

  1. 乳児用ミルクの確保の重要性: 災害時には乳児用ミルクが不足する可能性があり、乳幼児の健康と生命を守るためには事前の準備が必要。
  2. 栄養供給の確実性: 乳児用ミルクは、乳幼児に必要な栄養を確実に供給し、健康を維持するために不可欠。
  3. 安全と安心の確保: 乳児用ミルクを備えることで、災害時にも冷静に対処し、乳幼児の健康と安全を守ることができる。

簡易トイレ


簡易トイレ 50回 半永久保存 [1回60円の防災トイレ シートイレ 50回分] 非常用トイレ 携帯トイレ 非常トイレ 防災グッズ 災害用 防災用 防災セット 非常用 凝固剤 吸水ポリマー シートタイプ 災害 防災 断水 避難 地震 備蓄 大人 子供 車 渋滞 簡易 携帯 トイレ 送料無料

災害時には予期せぬ状況が発生し、日常生活に必要な設備が使えなくなることがあります。特に、水道が停止した場合、トイレの使用は深刻な問題となります。そんな時に備え、簡易トイレの準備は非常に重要です。

大規模な地震や洪水が発生し、家のトイレが使えなくなったとき、あなたや家族はどう対処しますか?簡易トイレは、そんな時に役立つアイテムです。

  1. 災害時のトイレ問題: 水道機能の停止により、トイレが使えなくなる可能性があります。
  2. 簡易トイレの重要性: 簡易トイレは設置が簡単で、どこでも使用可能。衛生的な処理ができ、病気のリスクを減らします。
  3. 備えあれば憂いなし: 災害は予告なく訪れるため、事前の準備が重要です。簡易トイレを準備しておくことで、安全と安心を確保できます。

緊急時用 笛


【この商品はプレゼント付き】キーチェーン付き カラーサバイバルホイッスル カラーランダム5個セット 災害用 緊急用 キャンプ ライフガード アウトドア ハイキング 登山 野外活動災 携帯

災害時、自分の安全を確保し、救助を求める手段の一つとして、災害用の笛の重要性は非常に高いです。地震、洪水、台風などの自然災害が発生した際、声が届かない状況や、体力を消耗して声を出すことが困難な状況でも、笛の音は遠くまで届き、救助者にあなたの位置を知らせることができます。そのため、非常時に備えて災害用の笛を常備しておくことは、生存率を高める上で極めて重要です。

  1. 救助信号としての重要性: 災害時には声が届かない状況でも、笛の音は遠くまで届き、救助者に位置を知らせることができる。
  2. 持ち運びやすさと効果: 災害用の笛は小さくて持ち運びやすく、その音は大きく救助者の耳に届きやすい。
  3. 安全と安心の確保: 災害用の笛を備えることで、災害時に迅速に対処し、自分や家族の生命を守ることができる。

防災グッズをアンケートから見る

防災グッズに関するアンケートを分析することで、一般的な傾向や地域ごとの特性を理解することができます。

例えば、ある全国規模のアンケートでは、多くの人が水、食料、懐中電灯を最も重要な防災グッズとして挙げています。また、地震が多い地域では、家具転倒防止グッズやヘルメットの重要性が高く評価されています。一方で、洪水が頻発する地域では、浮き輪や長靴、防水バッグなどが重視されています。

このようなアンケート結果を参考にすることで、自分の住んでいる地域のリスクに応じた防災グッズを選ぶことができます。また、アンケート結果は、防災グッズの選定だけでなく、防災意識の向上や教育プログラムの開発にも役立てることができます。防災グッズの準備は、単に物資を揃えることだけでなく、適切な知識と意識を持つことが重要であり、アンケートから得られる情報はそのための貴重な資源となります。

スポンサーリンク

防災グッズを買うべきか?買わないべきか?

防災グッズを購入するかどうかは、個々の状況や価値観に大きく依存します。しかし、災害のリスクを考慮した上で、その準備を怠ることは大きな後悔につながる可能性があります。

ここでは、防災グッズの必要性を再考し、購入に至るまでの心理的なプロセスや、購入後の満足度について掘り下げていきます。

防災グッズの必要性を再考

防災グッズの必要性を再考する際、まず理解すべきは、災害は地域を選ばず、予期せずに発生するという事実です。例えば、日本では地震が頻繁に起こりますが、地震だけでなく、台風や洪水、豪雪など、様々な自然災害があります。

それぞれの災害には、それに適した防災グッズが必要です。地震には家具転倒防止具やヘルメット、洪水には浮き輪や防水バッグ、豪雪にはスコップや防寒具が必要となります。また、家族構成や健康状態によっても、必要な防災グッズは変わります。

例えば、小さな子どもや高齢者がいる家庭では、特別な医療用品や栄養補給食が必要になることもあります。このように、自分の住む地域のリスクと家族の状況を正確に把握し、それに応じた防災グッズを選定することが、真の防災の準備と言えるでしょう。

防災グッズ、購入の決め手とは?

防災グッズを購入する際の決め手は、個人の価値観や経験、情報に大きく左右されます。しかし、一般的に重視されるポイントはいくつかあります。
まず、商品の信頼性と実用性です。防災グッズは、いざという時に命を守るためのものなので、信頼できるメーカーから購入し、実際に災害時に役立つことが証明されているものを選ぶことが重要です。

次に、コストパフォーマンスです。高価なものが必ずしも良いとは限りませんが、あまりにも安価なものは品質が心配されることもあります。また、保管のしやすさも重要なポイントです。限られたスペースに収納する必要があるため、コンパクトでありながら必要な機能を備えた商品が求められます。

さらに、家族の意見を取り入れることも大切です。特に、子どもや高齢者がいる家庭では、彼らが使いやすいものを選ぶ必要があります。これらのポイントを踏まえ、自分にとって最も重要な要素を明確にし、それを基準に防災グッズを選ぶことが、賢明な購入への第一歩となります。

防災グッズ、購入後のメンテナンス

防災グッズを購入した後のメンテナンスは、その有効性を保つために非常に重要です。特に、食料や水の賞味期限は定期的に確認し、期限が近づいていれば新しいものと交換する必要があります。

電池類も同様に、定期的にチェックし、必要に応じて交換を行います。また、防災グッズの中には、使用方法が複雑なものや、定期的な機能チェックが必要なものもあります。例えば、火災報知器やガス漏れ警報器は、定期的にテストを行い、正常に機能することを確認する必要があります。

さらに、家族構成の変化や新たなリスクの発生に応じて、防災グッズの内容を更新することも重要です。例えば、子どもが生まれた場合は、子ども用の防災グッズを追加する必要があります。このように、購入後のメンテナンスを怠らず、常に最新の状態を保つことで、いざという時に防災グッズが最大限に役立つようにすることができます。

防災グッズ、購入の心理的ハードル

防災グッズを購入する際、多くの人が直面する心理的ハードルは、実際に災害が自分に起こるとは思えないという「遠い他人事」感です。この感覚は、特に災害経験が少ない地域の住民に顕著です。

また、初期投資のコストや、限られた住空間での保管場所の確保も大きなハードルとなります。これらを克服するためには、まず災害時のリスクを具体的にイメージし、防災グッズがいかに生命や財産を守るのに役立つかを理解することが重要です。地域の災害歴史を学び、実際に被災した人の体験談を聞くことも、リスク認識を高めるのに役立ちます。

また、防災グッズの購入を家計の安全保障と捉え、長期的な視点でコストを考えることも、心理的ハードルを下げる一つの方法です。さらに、コンパクトで多機能な防災グッズの選択や、日常生活でも利用できるアイテムを選ぶことで、保管場所の問題を軽減することができます。

購入に至るまでのステップ

防災グッズを購入するまでのステップは、計画的かつ段階的に進めることが重要です。まず第一に、自分の住んでいる地域の災害リスクを把握します。

地震、洪水、台風、火山噴火など、地域によって異なるリスクを理解し、それに応じた防災グッズを選ぶ必要があります。次に、家族構成や健康状態、ペットの有無などを考慮し、それぞれに必要なアイテムをリストアップします。この際、特に必要となるのは、水、非常食、懐中電灯、予備の電池、簡易トイレ、救急セットなどの基本的なアイテムです。

次に、商品の品質、価格、保管のしやすさ、使用の容易さなどを比較検討し、最適な商品を選びます。この過程で、レビューや専門家の意見、友人や家族の経験など、多様な情報源を参考にすることが重要です。最後に、購入した防災グッズを適切に保管し、定期的にチェックして、必要に応じて更新することで、常に最良の状態を保つようにします。

このように、防災グッズの購入は、単なる買い物ではなく、自分と家族の安全を守るための重要な投資と捉え、慎重に進めることが大切です。

購入後の満足度

防災グッズの購入後の満足度は、多くの要因によって変動します。実際に災害が発生した際に、準備したアイテムが役立つかどうかは、そのアイテムの選定、保管状態、そして使用方法の理解度に大きく依存します。

例えば、非常食を購入したものの、賞味期限が切れていたり、懐中電灯を準備していたものの、必要な時に電池が切れていたりすると、満足度は低下します。逆に、災害時に迅速に対応でき、家族を守ることができた場合、満足度は大幅に上昇します。重要なのは、防災グッズは「保険」のようなものであり、使用する機会がないことが最も望ましいということです。

そのため、満足度を高めるためには、定期的なメンテナンスと、災害時の使用方法についての知識を常に更新し続けることが重要です。また、購入したアイテムが最新の情報に基づいているかどうかも、満足度に影響します。防災グッズは、一度購入すれば終わりではなく、定期的な見直しと更新が必要な投資であると理解することが、長期的な満足度を保つ鍵となります。

購入を後押しする情報源

防災グッズの購入を後押しする情報源は多岐にわたります。地方自治体や政府は、地域特有のリスクに基づいた防災情報を提供し、それに応じたグッズの準備を推奨しています。また、防災専門家や経験者のブログ、講演、書籍などは、実際の災害体験に基づいた具体的なアドバイスを提供し、どのようなアイテムが実際に役立ったか、または不要だったかについての貴重な情報を提供します。

SNSやオンラインコミュニティでは、同じ地域に住む人々や同じような家族構成を持つ人々からのアドバイスを得ることができ、より具体的で実践的な準備が可能になります。これらの情報源を活用することで、自分にとって本当に必要な防災グッズを選び、無駄な投資を避けることができます。また、防災グッズの購入は、単なる物資の準備だけでなく、災害に対する意識の向上と知識の習得にもつながります。

これらの情報源を利用して、自分と家族の安全を守るための準備を行いましょう。

スポンサーリンク

防災グッズを買わない理由とその対策 まとめ

  • 防災グッズ購入の心理的ハードルは「他人事」感と初期投資のコスト
  • 地域特有のリスク把握が防災グッズ選定の第一歩
  • 家族構成や健康状態に応じたアイテム選びが重要
  • 防災グッズは購入後も定期的なメンテナンスが必要
  • 過剰な備蓄は保管場所の問題を引き起こす可能性あり
  • 防災グッズの満足度は実際の使用経験に大きく依存
  • 災害は予測不可能であり、準備が最小限の被害につながる
  • 防災グッズは「あって困るもの」ではなく「なくて困るもの」
  • 購入を後押しする情報源は地方自治体や専門家の意見
  • 防災グッズのリスト作成は無駄な購入を防ぐ
  • 防災グッズ選びは家計の安全保障と捉えると心理的ハードルが下がる
  • 防災グッズの購入は災害に対する意識の向上と知識の習得につながる
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次